父が闘病中にやったがんの食事療法

父が闘病中にやったがんの食事療法

私は父が闘病中に手術が出来ない事を医師に伝えられました。
病名は膵臓がんステージ4でした。
信頼できるがん治療をお探しならこちら!
余命半年と伝えられてもう途方に暮れていましたが父は抗癌剤をする選択をしてくれました。
こちらから免疫治療について知ることが出来ます。
私にできる事は本当に限られた事なのですが、父のためにいろいろな治療方法について勉強しました。
そして、父が出来る方法で金額的にも無理ない食事療法を選択しました。
気になる方は免疫細胞←こちらをクリック!
食事療法は食事の内容は母が本を読んで決めて私は青汁やサプリ等を飲ませて何とか長生きさせようと頑張りました。
いろいろな方法を試しました。琵琶茶やその他にも癌に聞くニンニクなどを食べさせたり出来る限りの努力をしました。
どうしても生きてほしくて私はそれを強要してしまいました。
話題のがん治療 先進医療についてわかります。
父は本当に大変そうでしたが、結果余命よりも長く生きてくれました。
治らないと分かっていましたが、食事療法のおかげで延命してくれました。
知りたいがん治療 免疫細胞療法についてはこちら!
私はこれからも父の事を誇りに思います。

食事療法は本当に辛い療法だと私には分かったからです。